2018年12月31日月曜日

例の退職エントリとかいうやつ


お久しぶりです。ずいぶん間が空いてしまいましたが……
この度、12月末日をもって某ソシャゲ開発企画運用の会社を退職です。

というのも、ゲーム作るよりWebの方が作ってて面白いっていうのが理由でして、
音楽性の違いとかじゃないです。



ということで年の瀬だし振り返りみたいな。





入社の経緯から思い出していくと、PHP BLTというLTイベントの懇親会でリーダーと会ったのですが
「転職先探してるですよねー」
PHPのエンジニア募集してるんだよねー」
「どうしたらいいっすか?」
「ここの応募フォームに僕の名前書いて紹介ですって送って」
「わかりました」
からの、面談そのまま最終面談後日オファー面談という流れで、
なんとなく次の転職先を探してはいたものの、一社目の応募でそのまま内定を頂いて
そのまま流れで入社しました。やったぜ。


どっぷりレガシーな環境からの転職だったので、
「うわーGitGitHubで管理されてるー!」
「開発者ごとに環境がある!」
「単体ツールもデプロイツールもあるし、CIもあるぞ!」
みたいな感動があったことを覚えていますし、
それらに触れたことのないくらい経験が浅かった私でした。


だいたい1ヶ月のメンタリングからの
「じゃああとはできるだけ俺に聞かないで自分でやってみな」と相成って
それから紆余曲折あって、わたしはげんきです。

いえ、なんでもないです。
兎にも角にも、最初にアサインされたプロジェクトは運用2年目のタイトルの引き継ぎ、運用でした。
プロジェクトにエンジニアひとr……コード自体はれがs……いえなんでもないです。


プロジェクトを回していくのは不慣れさもあって大変でしたが、
3ヶ月目からは仕様の相談から実装のあるべき論や落とし所を議論できる「先生」が隣にいてくれたので
とても心強く仕事ができましたし、その辺りのトークがすごい楽しかったです。
(実際に事あるごとに先生と呼んでいました)


このプロジェクトで印象に残っているのが、3周年記念のためにかなり大きな新機能を作ったときのことです。

流用もありつつ完全にコンテンツ1つ分を新しく実装して、この先生にレビューをお願いしたのですが、
「キレイに収まってて私は好きですよ、この実装」と言ってもらえてかなりニヤリとしました。やったぜ。




そんなこんなありつつ、だいたい入社9ヶ月目くらい、6月頃のことなのですが、
一つ一つの細かい達成感とは別に、実は中長期的に閉塞感も感じていました。
ゲーム作るよりWebフロントエンドの方が面白いな???となったのもこの頃でした。

ちょうど社長との半期面談があったので、その場しっかりと引き継いだ上で辞めたい旨を伝えました。

「リンちゃんがいなくなってしまうのは非常に残念だけど、やりたいことが見つかったならしょうがないよな」
技術肌の社長だけに、そう言っていただけました。


12月に辞めることを了承頂いたので、引き継ぎが無事終わったあと、
次は社内で一番売れているプロジェクトの遊撃部隊としてのアサインとなりました。

このプロジェクトにアサインされていたのはだいたい4ヶ月間くらいなのですが、
「積みタスクになっていたチケットの消化」「変なタスク」
「暇だったのでちょっとやってみた」をこなしていくことになりました。


変なタスクは本当に変なタスクで、
WebSocketサーバーの使用率がさっぱりわからないのでちょっと可視化して」
「全ユーザーのアクションのリアルタイムカウンタ作って」
「問い合わせフォームのメール送信を標準関数からSendGridにアップデートして」
とか、普段触っていたフレームワークやPHPからちょっと飛び道具的なことをやることになったりしました。

特にWebSocketサーバーの使用率可視化しよう案件は、
ググっても似たような話がさっぱり出てこないし「どうやればいいんだ?」と首を捻っていたのですが、
ものの試しでシンプルにアクセスがあったらfile_put_contents()でログに履いてみたところ、思いの外いい感じだったので
本番のコードにも入れてBigQueryに転送、Redashでみたらキレイなグラフを描いておおーとなりました。


暇だったのでちょっとやってみた系のタスクは、
「エラーログ収集SaaSがこのプロジェクトでちゃんと動いてないからちょっと直すわ」
「なんか放置されてる遅いAPIを高速化してみた」
「エラーログにWarning出てるんだけど放置するなし」
「チャットログがめっちゃ重複して保存されてるの直した」
といった、なぜ放置されたし系タスクを自分で起票して直していったりしました。


退職が決まっていたわりにはこのプロジェクトがのびのびと楽しくやれて、
かつプロジェクトにとっても私にしかできない価値のあることができたんじゃないかなと思います。
イイ仕事した。どやぁ。


最終出勤日も、思ったよりいろいろな人に惜しまれつつも笑顔で送り出してくれて、
「ああ、自分で思う以上にいろんな人の役に立っていたのかな」と嬉しくなりました。

終わりがいい感じだったのでだいたいいいことばかり思い出しますね!(?
間にいろいろないではないですが忘れておけばよいのです。



というわけで明日からニートですが、2月からは株式会社ゆめみに入社します。
転職先をなんとなく探している頃にカジュアル面談応募したら面接を経て内定を得たのでそのまま決定!
どっかで聞いたことあるな?



来年もよろしくお願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿