2019年2月25日月曜日

ゆめみ入社しました!→3週間働いた感想

Riin's Workspace: ゆめみ入社しました!→2週間働いた感想 から
さらに1週間働いたリンおねーさんです。

私の働き方の方向性とは?を考えています。日本酒飲みながらね🍶






ということで入社3週間です。
なんとこの一週間PM業に片足を突っ込んでいます。

というのもですね、リーダーがテックリードと2案件?のPMとその他雑務系タスクを一辺に抱え込んだ結果、完全にオーバーフローしていたんです。
この状況は現在必要なのかもしれないけど、でもこれは解決しなければならない問題だぞ、と。

私はこれはタスクが抱えていることそのものが問題なのではなくて、問題を抱えたままチームとしてそれの解決に取り組めていないのが問題だと感じました。
問題があるなら解決したいのがエンジニアのサガというやつです。

本人がそれでいいと言っているからといって本当にそうだろうか?
チームの幸せと言ってるけれどもそのチームの中にリーダーの幸せはちゃんと含まれているのか?

その辺りのことを考えているうちに、「ちょっと今月稼働やばいからちょっと時短勤務とか休んだりするわ」とのこと。
なるほどぜひそうしてください。よく休んでください本当。
あとは任された。みたいなつもりでこの1週間動いてみました。
まあ正式な士官ではないのでまあその辺りは気楽ですね。


私のマネージャーとしての取り組みはKPT振り返り会でのファシリテート(司会進行)から始まり、
客先とのやりとり、新設されたバックログの運用設計・管理から着手しています。

現リーダーとも良好な関係で、お互いに認識併せしたり、
今度デリゲーションポーカーしたいねみたいな話をしたりとかしました。


ううーん、フロントエンドエンジニアとしてバリバリ働きたい気持ちはあったんやが……
チームが求めるものがそこになくて、自分がそれを提供できるなら最大限やっていこうかなという気持ち。



幸いにも、私のリアルパートナーである彼もPMとしての経験が豊富なので、
その辺りから愚痴を聞いてもらったりアドバイスを貰ったりして助けられています。


現時点から見える延長線上にある野望としては、
チームをエンパワーできるマネジメントフレームワークを作りたいな、と。
チームが働きやすい環境作りみたいな。

自主性に任せて回るフェーズじゃないなら、いつか必要なくなるための補助輪として
メンバーのフォローとかしたいし、必要かな、とかお酒飲んで出来上がった頭で考えたりしています。

最終的にはマネージャーは変えの効かないものではなくて、誰がやってもある程度できるよね、という方法論と働き方(マネージャーだって仕事しんどくないよ!)を目指したいと思います。
いや、PMになるの内定してないんから知らんけど。
やらなくてええんやったらめっちゃフロントエンジニアやるけど。

その辺りのマインドとか振る舞いについてはアンテナを貼ってたので、
ちょいちょい知識があるものの、専門性は全然たりないので
その辺りをもうちょっとちゃんと学んでいきたいなぁ。行動心理学とか興味あります。


果たしてこれからどうなる?!リンさんの仕事は続く →

0 件のコメント:

コメントを投稿